令和

 In 柳川日記

 

相信大家也留意到,
最近日本政府發表新的年號「令和」。
在發表後,我們日本人有一個疑問「讀音的高低是如何?」。

雖然在日語中並沒有像廣東話的9個音調,不過有些日文讀音是一樣,意思也有不同的。

例如
「雨」「飴」
「橋」「箸」
「寝る」「練る」
「道」「未知」
「紙」「神」

結果「令和」的讀音,高低是冇所謂。不過聽新聞的話,報導者話「れ」明顯是比較高音。

希望年號文化繼續相傳下去。

 

先日、新しい日本の年号が「令和」に決まりましたが、
多くの日本人が気になったことがあります。
「どこにアクセントをおくか?」です。

日本語は、広東語のように9声(6声?)はありませんが、
同じ発音でもアクセントの場所によって意味が違ってくるものが多いです。

たとえば
「雨」「飴」
「橋」「箸」
「寝る」「練る」
「道」「未知」
「紙」「神」

結局「令和」は、「れ」にアクセントでも、平に読むのでも、どっちでもいいみたいです。でも、ニュースを聞いていると「れ」にアクセントを置いてるのが多い気がします。

令和の次は何かな。年号文化、これからも続いてほしいです。

 

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt